コンテンツへスキップ

こんにちは、千葉県の不動産会社勤務のケンジです。

マンション査定は、マンションを売却する時などに利用することが多いですね。マンションの売却は通常半年くらいかかることもあると言われていますので、売却予定がある人は早めに動き出したほうが良さそうです。

査定の話を掘り下げると、建物の状態や耐震構造であるかどうか、立地や周辺の環境、管理が行き届いているかなどはやはり査定に影響する部分となります。

個人で行ったリフォームも影響する場合がありますが、リフォーム代を全額カバーできるほど査定額プラスになるかどうかは分かりませんので、査定を見据えたリフォームは必要ないでしょう。

今はマンション査定にも一括査定サービスがあり、複数業者から査定を取ることができます。申し込むと不動産会社から連絡が入り、訪問査定を行う流れとなるのですが、ここで注意しなければいけないポイントは、「査定額と売却額はイコールではない」ということです。

マンション売却の基本的な流れでは、査定後に仲介業者と媒介契約を結びます。(媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」があり、それぞれ特徴が異なります。)その後に仲介業者と相談して実際の販売額を決めることになるので、査定額のまま売れるとは限らないのです。

実際に購入するのは仲介業者ではなく購入者なので、「仲介業者がいくらと査定するか」と「購入者がいくらで買うか」が異なる場合があるのは当然と言えば当然ですけどね。

そのため、安直に査定額が一番高いところと媒介契約を結ぶのではなく、出された査定にしっかり根拠があり、希望価格で売れない場合にはどういった選択肢があるのかなどをしっかり説明できる業者を選ぶのが良いでしょう。

高額の査定額に飛びつくのではなく、しっかり売買完了まで付き合っていける信頼できそうな業者を見極めることが大事なのです。